2013年05月26日

千曲川水系 たまーずの特異日

IMG_0103_1.JPG
2匹目のドジョウをそっとリリースします。

今日(5/25)は不定期に開催される(?)たまーず釣行。
直前にBLUE SWANさんの参加が決まり、よっしぃ、Upapaと4人での釣行となりました。

例によって行き先は出発してもまだ決まってません。
僕が行き先決めると釣れないので(もはやジンクスではなく掟かも)
みんなに決めてもらったところ、
久々に千曲に行こうということになりました。

IMG_0082_1.JPG
向かった先は山岳渓流。

IMG_0087.JPG
2組に分かれて、
僕とUpapaが上流を、よっしぃとBLUE SWANさんが下流を
それぞれ釣り上がります。

しばらくしてUpapaが幸先良い1匹。
僕は反応ありません。

しばらく先に行っていたUpapaに追いつきますが、それまで全く反応無し。
いつのまにか、もううぐお昼、という時間です。

またまたこれは・・ もしかして・・ 盛期なのに・・
丁寧に流してるつもりなのに・・ やっぱり・・
ボでしょうか。

Upapaは既に5匹ほど釣って、今日は反応が良い、とご機嫌な様子。
尺近い岩魚をかけ損ねたそうです。

「なーんも反応無いよ〜 何で〜」と愚痴る僕を見かねて
「ここからが本番だから」と場所を譲ってくれました。

すると、流れの尻に浮かべたフライを、岩魚がゆっくり躊躇無く、くわえました。
釣れる時はあっさり釣れるもんですね。
丁寧に流していたつもりでも、雑念にまみれて雑になっていたんだろうなあ、と反省。

IMG_0084_1.JPG
サイズは大したことないですが、こんな感じの岩魚がその後も数匹釣れました。

下流を釣っていたよっしぃとBLUE SWANさんも、良い釣りをしたようです。
めでたしめでたし。

たまーずにしては上出来だね。
・・とまあ、普段ならここで終わるところですが、今回はここからが本番です。

IMG_0093_1.JPG
山岳渓流でマイナスイオン浴びたので、
夕方はちょっと本流でライズでも狙って帰ろうということになりました。

本流を見に行くと、あまり水の状態が良さそうではありません。
藻が流れてて、いかにもダメそうな雰囲気。

とりあえず釣り上がってみようか、ということになり、
よっしぃにメンディングのコツを教えてもらったりしながら釣り上がります。

IMG_0092_1.JPG
この川の水の状態では、釣れないだろうなと思って、
メンディングを練習していたら、流れの中で釣れてしまいましたw
師匠、ありがとう。
その後も結構流れの中で反応がありました。
川を見た目(?)で判断しちゃいけませんねぇ。

そのうち、プールでライズを見つけたので、よっしぃと2人で狙ってみることに。
散発にライズがあり、僕は何とか1匹。
しばらくライズ狙いで刺さっていると、下流からUpapaがやって来ました。

何やら、様子がちょっと変です。
何か言いたそうですが、言葉にならない雰囲気。
怖いもの(例:クマ)でも見たのかと思ったら、
45cmの岩魚釣っちゃった・・」
えぇ・・っ!!!!

話を聞くと、ライズを見つけて体高のあるヤマメを釣って喜んでいたところ
すぐ上で尺岩魚のライズを取り、ランディング直前でバラし。
呆然としていたら、今度は巨大な魚がヘッド・テイルでライズしているのを発見。
粘りに粘ってライズを取り、
川の中を上流・下流に走られまくり、7Xのティペットを切られないように、
10分くらい悪戦苦闘してランディングしたとのこと。

それは普通じゃいられないよね。

それは現場検証が必要だ、とのことで行ってみると、
確かによさそうなポイントではあるものの、ごく普通に見える流れで
とても大物が潜んでいるような場所には見えません。
もうライズなどはありません。

Upapaが、「ちょっと流してみたら」と言ってくれたので、
少しやってみることにしました。
大岩魚と格闘してさんざん川の中を歩いたそうなので、釣れるわけが無いんですが。

メンディングの練習のつもりで何投かしているうちに、
静かな出方でフライに出ました(実際のところ、どんな風に出たのか覚えてない)

強烈な引きで、全然引き寄せることが出来ません。
上流側に引っ張られたと思ったら、一気に下流に突進されます。
7Xのティペット(こういう時に限って6Xが無くなり、細いのを使ってるw)を切られないように
魚に引きずられるように川の中をいったりきたり。

そのうち、さすがに魚の力も尽きて無事ランディング。

IMG_0100_1.JPG
体高があって立派な尾びれの岩魚でした。
32cmありました。

IMG_0098_1.JPG
もう1枚。

まさか2匹目のドジョウがいるとは・・
驚きました。

夕方、別の区間を釣り上がっていたBLUE SWANさんも33cmの大物を釣ったそうです。
よっしぃは9寸の岩魚と8.5寸の山女を筆頭にダブルツ抜け。

では、Upapaが釣り上げたモンスターの写真を。

45iwana_Upapa
これぞはみ出し君ですね。

IMG_0106_1.JPG
温泉の後は、須玉IC近くのラーメン蘇州で辛味噌ラーメンを頂き、
珍しくガラ空きの高速を一路東京まで帰りました。

こういう日もあるんですね。
ほんとにエキサイティングで楽しい1日でした。




posted by えふ at 14:34 | Comment(24) | TrackBack(0) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやー、すごい岩魚ですね…
えふさんの岩魚も、体高がスゴイ!
本流は、当たると大きいからな〜
昨日、福井に行って、可愛い岩魚釣りましたが、、
僕もイブは本流でやればよかったかな〜
Posted by banban at 2013年05月26日 15:59
痛快に面白い文章に笑いながら読みました。
えふさんも7Xだったんですね。えふさんが同じ場所で尺上を釣り上げてくれてほんと良かったです。そうじゃないと現場検証しても信憑性にかけますから(笑)
悔やまれるのは、こんな日に限ってデジカメを忘れていたこと。震える手でスマホのカメラを操作するのが精一杯で良いアングル写真がありません(涙)
Posted by Upapa at 2013年05月26日 16:13
二匹目のヘライワナですね。同じポイントとは素晴らしい。大物を引き寄せる何かがあったのでしょうか。
Posted by taro at 2013年05月26日 19:18
おめでとうございます^^
凄いなぁ〜
同じポイントで釣れちゃうとは・・・
本流って行けば簡単に釣れる訳ではないので
やっぱり凄いなぁ〜^^
Posted by attuu at 2013年05月26日 19:48
メンディングはとてもだいじです・・・

ふぅ・・・
Posted by よっしぃ at 2013年05月26日 21:09
あ〜
携帯で見てたから・・
こりゃ・・・絶句ですw・・・・・・
Posted by RYO at 2013年05月26日 23:19
お疲れ様でした〜。
様々な伝説破りがあって楽しい一日でした。
またたまーず同行させていだきます〜。

Posted by BLUE SWAN at 2013年05月27日 00:21
おお!
なんかものすごいことになってますね。
えふさんの日頃の行いがいいおかげですね。
千曲川本流のポテンシャルの高さを見たようです。
Posted by 水戸ナンバー at 2013年05月27日 02:04
凄いですね!

比較的近場も捨てがたいですね。
Posted by A at 2013年05月27日 07:20
特異日・・・。
私も当たりたいです。
これは、北陸の某氏のような犯罪ですな〜。
いけませんな〜^^;
この土日、がんばってきましたが、なかなかデカイのはかかってくれませんな〜。
厳しい・・・。

Posted by バイクの田中です! at 2013年05月27日 11:10
banbanさん、北陸遠征ですか、いいですね。
本流でこんなの釣れたの初めてです。
初めてで最後の可能性も(汗)
Posted by えふ at 2013年05月27日 21:37
Upapa、お疲れ様でした。
カメラ忘れた時に限っていいのが釣れるんだよね。
良すぎって話もw
電話で呼んでくれたら良かったのに、と思ったけど、
スマホも電池切れかけてたんだよね。
焦る気持ち、よくわかるなあ。
なんにせよ、お見事でした。
Posted by えふ at 2013年05月27日 21:39
taroさん、
北陸に負けないような岩魚釣れて嬉しかったです。
このポイントに何でこんなに魚が集まってたのか
今でも不思議です。
Posted by えふ at 2013年05月27日 21:41
attuuさん、
ここは本流とはいってもそれほど水深も水量も無いので
釣りやすいのは釣りやすいんですけど、
いい思いは殆どしたことなかったんですよね。
ちょっと(かなり?)見直しました。
Posted by えふ at 2013年05月27日 21:42
よっしぃ、
メンディングの教えを守ったおかげであります。
感謝感謝。
まあしかし、ほんとに特別な日だったねえ。
こういう日があると、諦めちゃいけないって思うね。
Posted by えふ at 2013年05月27日 21:44
RYOさん、僕も45cmと聴いて絶句しましたよ。
この川のドライフライで釣った岩魚のレコードじゃないかなあ、もしかしたら。
Posted by えふ at 2013年05月27日 21:47
BLUE SWANさん、
尺上、お見事でした。
まさか、その釣果が霞むような結果になるとはねえ。
またこういう日が巡って来るのを期待して出かけましょう。
Posted by えふ at 2013年05月27日 21:48
水戸ナンバーさん。
そうそう、行いね。
この日の午前中、木にからまってた餌釣りの仕掛けを回収したんですよね。
そのおかげか??
Posted by えふ at 2013年05月27日 21:50
Aさん、
それほどライズもなかったし、
ぱっと見、やる気しないような水の色だったし
一人で来てたらやらずに帰ってたと思います。
正直、河川工事でこの川はもうダメかなと思っていたので
意外な結果に驚いてます。

Posted by えふ at 2013年05月27日 21:52
バイクの田中さん、
45cmは立派な渓犯罪でしょうねえ。
タイホされても連行されてもいいから釣ってみたいものです。
この32cmでもすごい引きで川の中を一緒に走らないとライン切られそうでしたから、
45だとほんとすごかったんだろうと思います。
Posted by えふ at 2013年05月27日 21:54
二人ともおめでとうございます!!!
僕がまだ一匹も釣ったことのない川。。。
今度連れてってください!!!
Posted by きみ at 2013年05月28日 21:47
きみさん、ども。
そういえば、本流はずっと外れでしたよね。
特殊な川ですからねぇ、ここは。
今回は特別だと思いますけど、期待半分で今度行きましょう。
Posted by えふ at 2013年05月29日 00:31
エフさん、どもです。
すんごい釣行だったんですね〜
タマーズの伝説の始まりですかね?(笑)
いやぁ〜それにしてもこんな日もあるものなんですねぇ
そんな日に当たってみたいものです。^^;
Posted by いちのぶ at 2013年05月29日 22:15
いちのぶさん、
釣れない伝説の数々はありましたが、
釣れた伝説は初めてw
最初で最後にならないように祈ってます
Posted by えふ at 2013年06月01日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。