2014年08月30日

高原の渓

IMG_0046_3.JPG
8/24のこと。
お盆は明けたけど、残暑は厳しく、ウェットウェーディングとは
いっても、かなり標高を上げないと厳しそう。



IMG_0024_2.JPG
今日は、RyuさんBigBambooさんと一緒。

ここ何回か、単独釣行が多かったのですが、やはり同行者の存在は心強いです。
ってことで、熊スプレーも熊鈴もクルマに置いてテクテク歩きます。
ところが、天気はぱっとせず、先行者の気配も濃厚で魚も反応も乏しい。

IMG_0034_3.JPG
魚は釣れることは釣れましたが、歩きが報われるほどではありません。
景色はなかなかいいんですが。

林道をテクテク戻っていると、4名ほどのパーティーが沢から降りてきました。
まあ、みんな高いところ目指しますよね。

IMG_0038_3.JPG
旅する蝶、アサギマダラ。


遠くで雷鳴も聞こえて来たので、標高を下げることにします。

IMG_0050_2.JPG
Ryuさんのガイドで、木の下の流れにフライを流します。
木の根っこの手前の流れに良い型がついているらしいのですが、反応無し。
何投目かのキャストで、ターンオーバーさせすぎて、
木の根っこの上流側にフライが落ちたとき、小さなあたりがあり、グイグイ引きます。

IMG_0048_3.JPG
ティペット切れるなよ〜 と祈りながら寄せてきてランディング。
ジャスト尺の岩魚でした。

またポイントを変えて、さらに下流へ。

午後5時を過ぎて、小雨が降ってきました。
小さなプールに、ライズがあります。
しかし、どれも小さそう。

午後6時頃になって、少し上流の流芯でちょっと大きそうなライズ発見。
すぐにフライを流すと、一発で出てくれました。
ヒットしたポイントや、魚体の色やローリングですぐにヤマメと分かりました。

IMG_0061_2.JPG
28cmのヤマメ。

IMG_0062_2.JPG
フラッシュ焚いて撮影するとこんな感じ。
きれいな魚体でした。
終了間際の一匹は、格別に嬉しいものですね。


以下、オマケ。
このレポの前後に釣行した時の写真を何枚か。

My creation

猛暑下の千曲川水系と、ウソのように涼しい箒川。
真夏の渓流でレインボーってのも悪くないです。




posted by えふ at 10:53 | Comment(6) | TrackBack(0) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
足がだるくなるだけ歩いた報いは有りませんでしたねぇ(^^;;
でも、下ではさすが今期絶好調のえふさん、尺イワナに9寸超えヤマメの連チャン! 恐れ入りました(°_°)
餃子は憶えておきますw
Posted by Big Bamboo at 2014年08月30日 11:59
雰囲気の整った渓流で釣れると
曇っていても気分が晴れますね。
今週の天気不安定さが抜ければ、ラストスパート
で行きたいな〜と思ってます。


Posted by BLUE SWAN at 2014年08月30日 18:22
Big Bambooさん、
半分トレッキングってことでw
尺岩魚もヤマメもRyuさんがポイント譲ってくれたおかげです。
Posted by えふ at 2014年08月30日 23:20
BLUE SWANさん
ヤマメを釣ったところは、上流域だけど、
人工物があって雰囲気はイマイチ。
でも、ライズに夢中で何も気になりませんでした。
天気安定したら、またお山の中に行きたいなあ。
Posted by えふ at 2014年08月30日 23:21
いいですな〜(^^♪
9月ぐらいは行きたいですな〜。
ソースカツ丼も食ってないし・・・。
Posted by バイクの田中です! at 2014年09月01日 22:13
どもども。
ラスト一ヶ月ですからね。
天気の良い時に行きたいですね。
ちなみに、今回行ったとこは関東圏なんで、ソースカツ丼は味わってませんw
Posted by えふ at 2014年09月04日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。