2016年03月12日

ニュージーランド北島 その1

3/2〜3/8に、ニュージーランドの北島に行って来ました。
同行者はBig Bambooさん

フライフィッシングでの海外遠征は初めてです。
釣り以外のことも交えて書いてみたいと思います。

今年は自分的に節目の年でありまして、
以前から何かしようとあれこれ考えていました。
まとまった休みを取って、滅多に出来ないことをやってみたい、と。

最初は釣り以外のことを考えていたのですが、前にDVDで見たNZ釣行のことを
考えだした途端に、もう止まらなくなり、行っちゃえ!と思い立ちました。

最初は、旅行会社主催のフィッシングツアーに参加しようかと思っていましたが、
幸いにも(無理矢理誘って?)、BigBambooさんと予定が合って、
2人で遠征することにしました。

NZ航空は荷物制限が結構厳しくて、23Kgの荷物ひとつまでは預かってくれますが、
ハードケースに入れたロッドは超過荷物になります。
事前にオンラインで荷物申請すると半額になりますが、それでも往復1.2万円。

今回の目的地はムルパラという、ニュージーランドの北島にある田舎町(失礼、でもホント)です。
NZ航空の直行便でオークランドに行き、国内線に乗り換えて間欠泉で有名なロトルアまで。
さらにそこからクルマで1時間くらいでムルパラに着く、という旅程。

NZ航空は快適でした。
オークランドへは、上海経由で中国南西航空を使うような安価なルートもあるのですが、やはり
多少高くても直行便がいいですね。

日本とNZの時差は4時間です。
時差ボケにめっぽう弱い僕でも、これなら平気。

NZは入国審査が厳しいです。(というか、しっかりしている)
他国の水に触れたタックル類は申告が必要です。
申告せずに通過しようとして見つかると、高額な罰金が待っています。

NZにはフェルトソールのシューズは持ち込めないので、ラバーソールが必須。
汚れたウェーダー、タックル類も持ち込みを拒否されてしまいます。
なので、ウェーダー類は日本で洗っておき、シューズもきれいに泥を落としておきました。
しかし、入国管理官が僕のシューズを見た途端、どこかにシューズを持って去ってしまいました(汗)

でも、すぐにきれいに洗って戻してくれました。
ふぅ〜 焦った。
(聞いた話ですが、消毒のために数日留め置かれた人がいるそうです)

空港のドラッグストアで虫よけが売ってたので買ってみました。
SANDFLYというのは、日本でいうブヨやヌカカの類です。
刺されるととっても痒く、長く残ってしまうそう。
ディートの含有量が多い虫よけ(日本では5%くらいがせいぜい)が有効と聞いてましたが、
これは100%ナチュラル素材。
ココナッツオイルの良い香りがします。

プロペラ機でオークランドからロトルアまでブーンとひとっ飛び。
クルマだと5時間くらいかかるそうです。

ロトルアに到着。
ロトルア周辺は間欠泉、ロトルア湖、先住民のマオリ文化など観光スポットが豊富です。
個人的にはホビット村(ロード・オブ・ザ・リングのロケ地)にとても行ってみたい。
・・でも、素通りするだけ(笑)

空港まで、地元のドライバー(おじいちゃん)が迎えに来てくれていました。
この方、ラグビーのマスターズ大会で日本に来たことがあるらしいです。
ロトルアの釣具屋でフィッシングライセンスを買うのかと思ったら、17時で閉店しているから、
ロッジで買うといい、とのこと。

エスティマで1時間のドライブ。
「(車窓から見えるのは)ロトルア湖という大きな湖で、ナイトフィッシングで大きなブラウンが狙えるよ」
・・とドライバーのおじいちゃんが説明してくれますが、NZ訛りの英語が予想以上に聞き取りにくい(苦笑)


ムルパラに到着。
宿は、Lake Aniwhenua(アニウェヌア湖)という小さな人口湖のほとりに立つ、
Kofutapu Lodgeという素朴なロッジです。
以前は釣り宿みたいなとこだったようですが、現在はマオリ文化の体験ツアーの宿泊施設にも
なっているようです。

アニウェヌア湖にも、ブラウンの大物がいるようです。
湖畔に行くと、ライズがありました。でもライセンスをまだ買ってないので、釣りは明日から。

マオリの「ハンギ」作りの様子。
ハンギというのは、地熱を利用した蒸し料理です。
豪快でワイルド。

トライバルツアー(体験型ツアー?)の御一行様と夕食が一緒になりました。
アジア人は僕達だけ。相席はイギリスから来たというカップル。
アウェイ感ハンパないw

夕食です。ボリューム満点です。
見た目通り素朴で豪快な料理ですが、結構美味い。
でもこれを毎日食べてたら日本食が恋しくなりますね。

これがNZのフィッシングライセンスです。
(水に濡れてヨレヨレになってますが)

非居住者用のシーズン券が161NZD、1日券が20NZDです。
今回は3日間なので、日釣券を3日分購入。
KofutapuロッジのPCを使わせてもらって、オンラインで買いました。
海外旅行なんで当たり前ではありますが、クレジットカードは必携です。

1NZD(ニュージーランドドル)は約80円くらい。
このライセンスがあれば、一部例外を除き、NZ全土で釣りが出来ます。
日本もこうなればどんなにいいだろう。

いよいよ明日は、NZの渓に!






posted by えふ at 14:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | NZ遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とうとう、行っちゃいましたね〜。
聖地に飛んで行きましたね〜。
いいなー。
うらやましい・・・。
Posted by バイクの田中です! at 2016年03月20日 00:09
はい、とうとう行っちゃいました
聞いていた通りの楽園でした
Posted by えふ at 2016年03月20日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434852600

この記事へのトラックバック