2016年03月18日

ニュージーランド北島 その4

明けて3/6 今日が釣りの最終日。
今日は、初日の夕方に入った川の上流部に。
かなり歩きましたが、歩いた甲斐はありました。

林道(?)にクルマを止めて、歩き開始。

ここから2km近く遡行します。

最初の大場所らしきプール。
魚影が何匹も見えます。
ヒットしたものの、バレてしまいました。

Photo by BigBambooさん

写真の黒いのはeel(ウナギ)です。
NZでもウナギは人気食材らしく、調理して食べるそうです。
宿泊したロッジでは、ウナギが川に戻ってこれるような環境整備をしようという署名運動をやっていました。

ところが、このウナギ君、鱒たちに食いつきまくるそうです。
横腹にくいつかれた跡がある鱒が結構釣れましたから(驚)

長距離を釣り上がるので、ポイントをどんどん飛ばしながら、進みます
今日もほぼドライオンリー

日本で言う、通ラズ

地元の有名ガイドのマリー・ダウニーさんによれば、ここは「泳いで渡れ!」だそうです。
高巻きしようとしますが、危なすぎて断念。

流木を足元に沈めて、その上を強行突破中。
彼は2mなのでこれくらいで済みますが、僕達は胸くらいまで浸かりましたw

僕は今日はなかなか釣れません。
・・というよりバラしてばかり
なんでだろ〜と思ったら、フックが折れてました(NZでもやっちまった)

厳しい時の後にはいい時が!
ダンが見つけてくれたBig Oneを取ることが出来ました。
上流下流に走られまくり、僕も走りまくってなんとかランディング。
冒頭の写真はこの魚です。

その後、調子が上がってきました。

ちょっとわかりにくいですが、ドライに反応しない魚は、こんな感じでトレーラーにニンフを結んで狙います。
ドライフライはインジケーター代わり。
日本だとちょっと邪道扱いされそうですが、こちらでは至って普通ですし、面白いです。
結構はまりそう。

今回の遡行最上流部で釣ったレインボー。
レッドバンドが印象的なきれいな魚でした。

途中、結構粘っていたので、目標到達地点の滝(写真の真ん中あたりの白いのがそれ)は
遠くから見るだけで折り返し。

さあ、頑張って歩きます。
この川は結構滑るので気をつかいます。

途中休憩しながら、ヘトヘトになりながらも・・
ようやく退渓。
お疲れ様でした!

3日間、お世話になったダンと。
アニウェヌア湖をバックに。

大きな川で大味な釣りをするのかと思っていたら、良い意味で裏切られました。
まるで東北のような渓流の釣り上がり、美しいチョークストリームのライズの釣り。

大満足、ちょっと出来過ぎ? の3日間でした。

ありがとうNZ!!





posted by えふ at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | NZ遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。