2016年05月08日

GW里帰り釣行

DSC06410_fb.JPG
GW、今年も故郷の愛媛県に里帰りし、愛媛、高知の渓流でロッドを振って来ました。
驚くほどコンディションの良いアマゴを釣ることが出来、素晴らしい休暇になりました。


5/3(火)

この日は迷彩山さんとご一緒させて頂くことになっていましたが・・
午後から大荒れの予報。
場所によっては100mm近い雨が降る模様。
これはさすがに無理かなと思いましたが、ダメもとで午前中勝負で
川まで行ってみようということになりました。

風は強いものの、空を見る限り雨はまだ降ってきそうにないので入渓。

DSC06360.JPG
この渓は何度か入ったことがあるので多少慣れては来ましたが、
ご覧の通りの険しい渓なので、雨が降ってきたら即退散です。

DSC06362.JPG
朝かなり早く入ったので、魚の反応はイマイチ。
それでも流れの中からそれなりに反応があります。

DSC06370.JPG
8寸くらいのご当地アマゴ(四国ではアメゴ)を釣って、11時頃になり、早々と退渓することにしました。

山を降りた後、風雨が強くなりました。
迷彩山さんの的確な判断に感謝してこの日はここでおしまい。

------

5/5(木)

子供の日なのに、お父さんは釣り三昧^^;
今日は、昨年ご一緒させていただいたイロハさんとの釣行。

DSC06405.JPG
今日はドピーカンで青空が素晴らしくきれいです。

行き先を悩んだ末、
イロハさんが先日大物を釣ったという渓へ連れて行ってもらうことにしました。

DSC06400.JPG
この水系の渓流は水の色が素晴らしくきれいです。
この日も朝早く入っているので、しばらく反応らしい反応がありません。

しばらく行くと、入渓しようと降りて来た餌釣りのおっちゃんと遭遇。
どうやら僕たちよりもっと早く来てこの辺りを釣っていた模様。
イロハさんが話をして、ここから上流をやらせてもらうことに。

DSC06404.JPG
高巻き。
自分ひとりなら、ここで諦めていると思いますが、よく見ると(比較的)安全に
登れるルートがあります。写真見るとちょっと怖いですが・・

DSC06401.JPG
9時頃になって渓谷に日がさすようになり、ボツボツと反応が出始めました。
それでも天気・気温・ハッチの状況から考えてちょっと反応が悪いです。
そうこうしているうち、イロハさんの実績ポイントまで来ました。

DSC06418.JPG
水がきれいなプールです。
比較的水量が多い沢が流れ込み、いかにも大物がいそうなポイント。

すると・・
「でかいのがいる! ライズしてる!!」
とイロハさんの声。

ロッドを置いて見に行くと、目測で尺近いアマゴがクルージングしています。
さらにしばらく見ていると、さらにもっと大きな白っぽいアマゴが登場し、
クルージングしながら、時折り沢の流れ込み付近でライズしています。
ヘッド&テールでライズする様は迫力があります。

流れの中に定位して捕食しているのではなく、狙ったものを見つけて食べに
行っているようです。
2匹とも相当食い気はありそうです。

とにかくファーストキャストをミスらないように、と思ってラインを確認したら、
いつの間にかリーダーとティペットがからまってます(泣)

2匹の尺アマゴのライズを見て冷静になれるはずもなく・・心臓ドキドキですが
焦るとろくなことは無いので、ティペットも新しく結び直し、結び目も入念にチェック。
(この辺は3月のNZでかなり学習しました 汗)

フライも視認性を少し犠牲にしてナチュラル系のCDCカディスに変更。
とにかく沢の流れ込みにキャストして、後は魚がフライを見つけてくれることを祈るのみ。

キャスト。

まずまずいいところに入った気がしますが、
距離があるのと、沢の白泡に紛れてフライの正確な位置がわかりません。

ピックアップしたくなるのをぐっとこらえて・・
一昨年の南アルプスでもこのガマンが肝でしたから)

沢の流れ込みを凝視していると、白い魚体がすっと寄ってきて、ゆっくり何かを
くわえました。
自分のフライを食ったと信じて、すかさず合わせると、ぐっと重い感触!

「やった〜!!」とイロハさんと2人で大騒ぎ。
急いで岩を降り、川に立って絶対バラさないように慎重に寄せてきます。
白い魚体の全体が見えたとき、砲弾のような体と、とがった鼻にびっくり。
魚拓でしか見たことないような精悍な尺アマゴ。

こんなアマゴ、見たことない。すごいすごい!
と騒ぎながら無事ネットイン。

DSC06408_fb.JPG
この渓流は、放流は一切していないそうなので、この渓で生まれ育ったアマゴだと思います。
長さは約33cmほどありますが、何よりこの体高がすごい。

オスの鮭のような風貌に驚きます。
アマゴというより、40cm以上のニジマスを釣った時のような重みがありました。

体には傷らしい傷も見当たらず、パーマークも朱点も残っています。
ここまで、よく鳥にかじられたり、釣り人に持って帰られたりしないで残っていたものです。
(ちなみに、NZでは、ウナギにかみつかれた跡のある魚が結構いました)

ふるさとの渓に感謝。
何よりライズを譲ってくれたイロハさんに大感謝!

DSC06411.JPG
別角度で。

DSC06416.JPG
体温で火傷させないように気をつけながら撮らせてもらいました。

長い時間、撮影に協力してもらった後、リリース。
元気に淵に戻って行きました。

この魚1匹で、もう大満足ですが、まだ午前中。

先行者のせいかもしれませんが、その後上流では反応が無くなってしまったので、
午後から別の渓に移動。

DSC06426.JPG
落差のある渓です。

DSC06422.JPG
ここでは魚の反応がそこそこよく、これくらいの岩魚がよく釣れました。
四国にはもともと岩魚はいないので、昔々に放流した岩魚の末裔が残っているようです。

渓流によって、アマゴのみだったり、混生だったり、岩魚のみだったりするようです。
関東圏だと、だいたい下流はヤマメ、上流は岩魚ってパターンが多いので、住み分け
(と言うのかな?)されているのが面白く感じます。

DSC06407_fb.JPG
こちらは大きな岩と落差のある渓流が多いので、体力が要りますね。

DSC06421.JPG
美しい滝がありました。

DSC06414_fb.JPG
ほんとにいい魚でした。

迷彩山さん、イロハさん、どうもありがとうございました!!

おしまい




posted by えふ at 11:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | フライ四国遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男前アマゴ!!!でしたね〜〜〜〜!
さすが、持ってる男は違う!

お土産ありがとうございました!
またの再会を!
Posted by イロハ at 2016年05月08日 20:54
イロハさん、ほんとにありがとうございました。
こちらこそ今治タオル、ありがたく使わせて頂きます。
またご一緒に!
Posted by えふ at 2016年05月08日 22:40
すご〜い!
こんなアマゴ見たことないです。
本当に鮭みたいですな〜。
Posted by BLUE SWAN at 2016年05月09日 21:25
すごいの釣りましたね〜。
おめでとうございます(^^)/
こんなん釣りたいですな〜。
そろそろ北陸かな?
Posted by バイクの田中です! at 2016年05月10日 07:30
BLUESWANさん、今年の釣り運使い果たした鴨?
Posted by えふ at 2016年05月11日 20:19
田中さん、ありがとう!
北陸でいいの釣って下さい
Posted by えふ at 2016年05月11日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437645892

この記事へのトラックバック