2016年10月23日

甲斐駒ケ岳

すっかりオフシーズンモードですが、週末はトレッキングをしています。
今年の夏から秋にかけて台風が多く、週末ごとに天候も悪くて、
なかなか良い眺望に恵まれませんでしたが、10月中旬になってようやく
満足のいく山行が出来ました。

IMG_0351.JPG
山頂(2,966m)からの眺め
鳳凰三山の向うに富士山が見えます。


甲斐駒軌跡.jpg
 ↑ YAMAPより

10/14(金)の夜のうちに、芦安まで行って車中泊。
フリース着て毛布かぶってるのに、寒い・・
暗いうちにモゾモゾ起き出して、5時頃に乗合タクシーに。
いつの間にか駐車場が満杯になってました。

IMG_0302.JPG
広河原で北沢峠行きのバス待ちをしているとき、北岳のモルゲンロートが見えました。
きれいです。

10/15(土) 7:00過ぎ 出発

IMG_0310.JPG
しばらくは沢沿いに登るので、ついつい魚の姿を探してしまいますが、こう寒いと
さすがに姿は見えませんね。

IMG_0313.JPG
北沢峠から仙水峠まではなだらかな岩ゴロゴロの道を行きます。


IMG_0315.JPG
仙水峠につくと、眼前に駒ヶ岳と摩利支天がドーン、と。
なんとなんと、素晴らしい眺め。
ここのところ、天気が悪い日が続いたので、この快晴にテンションMAX。

しかし、あんな高いところまで自分の足で登れるのか?と一抹の不安が。

ここから駒津峰というところまで樹林帯を1時間近く、ひたすら急登。
かなりキツい。

IMG_0332.JPG
駒津峰からの絶景がまた素晴らしい。
雪を被ったような駒ヶ岳のなんと美しいこと。

駒津峰からは一旦高度を下げたあと、岩場の登りになります。

IMG_0341.JPG
しばし行くと、山頂直下の岩場を直登するルートと、巻道の分岐点に到着。

ソロだし、初めてだし、高所恐怖症だし・・なので、無難に巻道を行くことに
決めていたのですが、いざ現地に着くと、さんざん迷いました。
直登は次回にとっておくことにして、巻道へ。

IMG_0346.JPG
巻道も意外に面白い。
砂地でちょっと歩きにくいけど、摩利支天の眺めが素晴らしい。
でも標高が3,000m近いので、空気が薄いせいか、めっちゃきつい。

IMG_0348.JPG
摩利支天への分岐を過ぎると、もうすぐ山頂。

IMG_0360.JPG
Summiting!!

360度の絶景です。
南アルプスの山々はもちろん、中央アルプス、八ヶ岳、奥秩父、北アルプス、富士山まで。
感動です。

IMG_0368.JPG
ここで鳳凰三山と富士山を眺めながら贅沢な山ランチを頂きました

さて下山。

IMG_0373.JPG
山頂直下で、雷鳥を発見。
雷鳥は初めて見ました。
今日はついてる。

下山時は登りとは少し異なるルートを歩き、駒津峰から双児山経由で下山します
駒津峰まで戻る時に短い岩場の登り返しがあるのですが、これが何気にキツい。

IMG_0381.JPG
双児山から下る道では、南ア屈指の難易度の鋸岳と戸台の流れが良く見えます。

IMG_0388.JPG
紅葉はピーク前ですが、それでも目をなごませてくれます。

双児山から先はつづら折りの登山道をひたすら下り、15:10頃に北沢峠に到着。

北沢峠からは満員の登山客を乗せた終バスを乗りついて芦安まで無事に帰りつきました。
心地よい疲れ。

大満足の山行でありました。




posted by えふ at 19:11 | Comment(7) | TrackBack(0) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気持ちいいでしょうな〜。
我が家も行きたいんですがね。
どうしても、下りでの膝痛が懸念材料でして・・・。
この下りでの膝痛への対策というかトレーニング方法を教えて欲しいもんです。
ちなみに、例の連休はどこかに登ろうかと思案しています・・・。
Posted by バイクの田中です! at 2016年10月26日 09:29
バイクの田中さん
CW-Xとかの、サポートタイツをはくと随分違いますよ。あと、ダブルストックを使う。
使ったことなけらば、一度試してみては。
ちょっと高いけど、価値はあります。
Posted by えふ at 2016年10月26日 17:33
こんばんは、

朝5時に満車ですか、やはり気合を入れないといけないんですね。

6枚目と7枚目の写真、まるで雪に覆われいるみたいに見えますね。

僕も来年は是非登ってみたいです。
Posted by at 2016年10月28日 18:20
すいません、
先ほどのコメント、私です...
Posted by A at 2016年10月28日 18:21
お久しぶりです(^_^;)
甲斐駒いいですね。
日帰りとは凄いなぁ。
来年はぜひ行ってみたいです。
Posted by attuu at 2016年10月29日 11:54
Aさん、ほんとにカッコよくて、きれいな山でした。山肌の白さが眩しいくらいでした。
絶対、また登りに行きます!
Posted by えふ at 2016年10月29日 19:44
attuuさん、ご無沙汰です〜
甲斐駒は山頂付近に山小屋が無いので、泊まりでも結構ハードですよね。
登る価値のある、素晴らしい山です。
来年、天気の良い日に是非!
Posted by えふ at 2016年10月29日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443061454

この記事へのトラックバック