2007年12月06日

中国の巨大なレストラン


中国ネタをもう一つ。
中国って国は行くたびにいろいろ驚きますが、上海、南京のレストランの巨大さ・豪華さには本当にびっくりしました。

今回は仕事がらみで、ちょっと高級そうなレストランで夜な夜な宴会がありました。
昼も中華、夜も中華、中華攻めです。


これは上海のレストランの入り口ですが、金ピカで目がくらみます。
店の名前の最後2文字が「酒店」ってのがレストラン、「飯店」がホテルのことです。
どうでもいいけど、「KTV」はカラオケのこと。
中国のカラオケ店は日本のカラオケ店とちょっと(全然?)スタイルが違います。
多くは語りません。ウフッ。

レストランの入り口には、大抵4〜6名の挨拶専門の女の子が立ってます。(ほんとに挨拶しかしてません)
タオルを渡すためだけにトイレに常駐してる人がいます。(ほんとにタオル渡すだけのためにいます)
1階部分は、王宮のような待合スペースになっていることが多いです。

今回何軒か行きましたが、高層ビルの低層階が全部レストランってパターンが多く、1フロアだけでもびっくりするほど巨大です。
一番巨大だった上海のレストランは、向こうが霞むくらい奥行きのある通路の両側に個室がずらっと並んでました。
しかも、殆ど満席です。
お客さんはちょっとお金持ちそうな現地の方が多く、結婚式の披露宴もやってました。
日本人はあまり見かけませんでした。

北京や大連のような北部には、あまりこんなでかい店は無いようなので、上海周辺のスタイルなのかもしれません。


ここは昼食を食べた上海郊外のレストラン。
ずらっと見本(といっても、本物)が並んでます。
メニュー見てもちんぷんかんぷんなのですが、これだと注文も楽ですね。

上海蟹が山積みされてました。


これは、あるレストランのガラス張りの特別室。金ピカです。
こんなところで食べても、多分食った気しませんな。

肝心のお味ですが、だいたい何食べてもうまいです。

上海料理は少し甘め、南京はちょっと塩辛い。有名な四川料理は激辛です。
今回は食べなかったのですが、四川料理の火鍋は、日本でも中国でもちょっとしたブームのようです。
中国製品の汚染が世界中で大問題になっているというのに、本国の食文化は衰えを知らず、という感じです。

一方、どこで食べてもいまいちだったは麺類かな。
そのせいか、上海では日本のラーメンが人気だそうで。

また、料理の最後には必ずスイカが出てきます。
1年中、何故だか必ず最後はスイカと決まってるようです。


日本でも有名な紹興酒。
僕は日本ではあまり美味いと思ったことが無いのですが、こっちのはまろやかで美味いです。
砂糖なんて入れる必要まったくありません。
この写真の紹興酒は、店で買うと30元くらい(480円)でした。激安です。
白酒(バイチュウ)も安くてうまいですが、猛烈にアルコール度数が高いので、気をつけないと意識を失います・・

食事のお値段ですが、まとまった人数でいろんな料理を頼めば、一人2,000円くらいあれば満足いくものが食べられそうでした。横浜中華街の高級店で同じものを食べると、多分5倍から10倍はするのでは・・
中華料理好きにはたまらないですね。


しつこいですが、上海といえばこれですね。
上海蟹にもブランドがあり、上海郊外の陽澄湖産のものが最も高級で値段も高いようです。

食事の話と違いますが、交通マナーの悪さにも驚きます。
渋滞がひどくなると、対向車線にガンガンはみ出します。
そのうち、歩道をクルマがクラクション鳴らしながら走りだします。
横断歩道は試練の場です。
生きた心地がしません。
信号は単なる目安です。
中国では、赤信号は「進め」のマークに違いありません。


ワイタン地区から見る夜景。
怪しいモノ売りと観光客がごった返す観光スポットでした。


ル・グラン・メリディアンホテル。
昨年出来た、上海でもっとも高い建物です。(333mだから東京タワーと同じ)
でも、来年には森ビルの上海ヒルズに抜き去られるそうです。

聞いてはいましたが、排気ガスで空気が悪いですね。
高度成長のあおりでいろんなところが変になってそうです。
上海のマンションは東京より高いらしいです。
間違いなくバブルです。
上海は80年代後半の東京みたいな怪しい雰囲気と活気がみなぎってました。
エキサイティングな街には違いありません。
行くなら、今かも。 バブルがはじける前にね・・





posted by えふ at 00:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもどもです。

これから発展していくであろうこの国は、日本を見て何を思うんでしょうね?
日本列島は自然に対して返済を始めていますけど…まあ向こうは土地が広いからなんとかなるんでしょう?

いや〜上海蟹の色っぽい茹で色、堪りませんね♪
Posted by YUKIYA at 2007年12月06日 20:16
YUKIYAさん、こんばんは。

これだけ急激に発展すると、いろんなバランスが崩れてるはずです。
実際、北京の大気汚染は想像を絶するひどさらしいです。
それが風に乗って日本にもやって来るので、困ったもんです。
食事と酒はうまいんですがね〜 
食品の汚染が怖いので、なまものは食べる気しませんけど。
Posted by えふ at 2007年12月06日 23:08
まあ、すごいメシですな。
私なんかが行ったら、絶対に太って帰ってきますな。
でも、カニがいいですな〜。
美味そうです(^^)
Posted by バイクの田中です! at 2007年12月07日 00:12
バイクの田中さん、ども。

正直、目の前のものを何も考えずに食べてたら太ります。
でも中国の人は太ってる人が少ないような気が・・
特に若い女性はみんなスリム。
食生活に何か工夫があるのか、普段は粗食なのか。
(でも共働きが当たり前で、外食がすごく多いらしんですけどね)フシギ。

有名なだけあって、蟹はうまいですね。
ブランドものじゃなきゃ激安。
どっちかというと、蟹ミソや卵を楽しむ感じなので、蟹ミソが好きな人は最高では。
僕は日本の蟹の方が好みです。
Posted by えふ at 2007年12月07日 10:23
エフさん、どもです。

いやはや画像を見ているだけで太ってしまいそうです。(笑)
それにしても安いですなぁ〜私も中華大好きなので行ったら間違いなく肥えてしまいそうで。^^;
紹興酒もあちらで飲むとこれがまた美味いんですよね〜あ〜ヨダレが(笑)
Posted by いちのぶ@会社であり鱒。。。。 at 2007年12月07日 19:59
いちのぶさん、どもども。
中華お好きですか。
そりゃ太ります(笑)
大衆的なお店で食べたら200円くらいで腹一杯だと聞きます。おまけに美味しいところも沢山あるようです。
うーん、また行きたい。
Posted by えふ at 2007年12月08日 00:21
えふさん、こんにちは〜

中国旅行記楽しんで拝見しています。
オッとこれはお仕事の出張でしたかな?
しかし中国は規模大きすぎッ!
レストランなんてサンプルと言うよりもそのままバイキングですよね^^
それと紹興酒は砂糖を入れないで飲めるなんてホント美味しいんだ。
砂糖を入れるのは実は出来の悪い紹興酒って言いますからね。
中国人のマナーの件は良く聞きますよ^^;
プライドが高くうるさいとか・・・
実際ワタシの会社に来た綺麗なお姉さんなんて食堂で食器の
返却時投げますし、お兄さんは一つの食器で値段決まっているのに
その食器で何杯でもお味噌汁を勝手におかわりしてますから・・・
Posted by attuu at 2007年12月08日 12:01
attuuさん、こんばんは。
えーと、一応仕事・・ 汗
紹興酒はうまかったです。
日本は高くていまいちなのばっかり輸入してるんじゃないかと思うほど。

これだけ人口多いといろんな人がいますね。
交通マナーと大気汚染はなんとかしないと、オリンピックで怪我人・病人が出そうな気がしてちょっと心配。

食文化はかなり違いますね。
日本だと、きれいに食べるのが礼儀で美徳ですが、向こうだと食べ残すのが満足の証だったりします。

Posted by えふ at 2007年12月09日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。