2015年05月04日

アートな直島

DSC06001.JPG
たまには釣行記以外の話も。

---続きを読む---


posted by えふ at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

九州 温泉巡りの旅

IMG_1729
3月の飛び石連休に九州に旅行に行ってきました。

---続きを読む---


posted by えふ at 17:54 | Comment(18) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

石鎚山 登山


GW前半、愛媛県の石鎚山に登ってきました。

日本7霊山のひとつ
西日本最高峰
山岳信仰(修験道)の山

などなど石鎚山にはいろんな肩書き?があります。

---続きを読む---


posted by えふ at 00:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

中国の巨大なレストラン


中国ネタをもう一つ。
中国って国は行くたびにいろいろ驚きますが、上海、南京のレストランの巨大さ・豪華さには本当にびっくりしました。

---続きを読む---


posted by えふ at 00:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

南京


南京は、上海から新幹線で2時間程度の古都ですが、日中の歴史を思うとちょっと複雑な気分になります。
---続きを読む---


posted by えふ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

上海


久しぶりの海外出張で上海に来てます。
この季節はやはり上海蟹。
---続きを読む---


posted by えふ at 00:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

ライズ


しまなみ海道の道の駅でライズを見つけました。
先行者多数でかなりのプレッシャーなのにゆったり回遊しながらライズを繰り返していました。
こいつを仕留めるには相当太いティベットが必要そうです。


posted by えふ at 10:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

瀬戸内の海岸


今朝行った、宿のそばの瀬戸内の浜。
瀬戸内海は波が静かで湖のようです。
東京にいるとめったに海になど行けませんが、こっちでは渓流も海もとても手軽で身近に感じます。


posted by えふ at 18:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

軽井沢

070108kp_field.jpg
写真は、先週末に家族で行った軽井沢のスキー場から見た風景です。
好天で浅間山がきれいでした。
暖冬のせいか平地に殆ど雪はありません。
スキー場も人工降雪機フル回転のようです。

---続きを読む---


posted by えふ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

祖谷のかずら橋 2006/6/10

毎年、6月初旬には実家の愛媛の用事で四国に行くことにしている。
愛媛から少し足をのばして徳島の祖谷に行った。
徳島の祖谷は日本3大秘境、平家の隠れ里、かずら橋で有名なところ。
前に祖谷に来たのは20年くらい前かもしれない。
川沿いに巨大な公営の駐車場や公園が出来ていて、昔のひなびた感じはすっかり無くなった。

ただし、そうした新しい建築物もかずら橋より少し離れた場所に作られていて、幸い、かずら橋の景観には入ってこない。

祖谷出身の叔父に聞くと、昔は大歩危駅から3時間かけて獣道を歩いてようやくたどりつくような場所だったそうだ。
夜、川辺に出てみると、ホタルが沢山飛んでいた。もうそんな季節なんだなあ。


祖谷川の河原の石。
吉野川水系の渓流はこんな青い石が多い。
子供の頃は、どんな川もみんな青い石がゴロゴロしていると思っていた。


帰り道に寄った天然鮎料理専門店。
鮎の解禁シーズンだけ民家を店にしているような素朴な店だ。

このお店、信じられないような崖っ淵に立っていて、店の窓から顔を出すと、はるか下に吉野川本流の急流が。
高所恐怖症の人はチト辛いかも。
川辺では、このお店の関係者と思われる釣人が鮎を釣っている。
この雰囲気はきっとこの店でしか味わえないだろう。


この店がある辺りは大歩危・小歩危という渓谷で、川下りが出来る。
最近はラフティングやカヤックが盛んなようで、昔ドライブインだったところにモンベルの直営店が出来ていたりして、その変わりように驚くばかり。


posted by えふ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | たびのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。