2006年11月18日

持ち腐れ自慢 その2 フローター


これも最近とんと使っておりません。
昔、野池でプカプカ浮いて釣りをしたくて買ったU型フローター。
南房総や四国、結構いろんなところでプカって楽しい思いをしました。

フライを始める前は、ルアーをやっていたのですが、ある日、とある川で、浮き輪みたいなのにぶらさがるようにして、上半身だけ水面に出して釣りをしている集団を見かけました。
いったいあれは何!?
失笑するやら呆れるやら、「あそこまでして釣りする気持ちが俺にはわからん。」
・・などとその時は言っていましたが、わずか2年後には同じことやってる自分がおりました。
フローターフィッシングは腰から下が冷えるため、かなり疲れますが、独特の楽しさがあります。

このフローターはCaddisというメーカーのもので、フライパッチがついています。
その頃はカディスって何じゃ?とか、この綿みたいなの何?なんて思ってました。
そういえば、フローターが入っていた箱にはフライフィッシングの絵が書いてありましたから、米国ではフライで使っている人が多いと見えます(ホントか?)


もひとつ自慢は、このフィンです。
フォースフィンという米国製のもので、はいたまま前向きに歩けます。(それが何?とお思いでしょうが、これができると随分楽なんです)
また、この変な形状のおかげで少ない力でかなりの推進力が得られます。
最初はスクーバダイビングに使っていたフィンを代用していましたが、これに変えて随分楽になりました。
まあ、良いものは値段もそれなりにするのですが・・

実は、先日道東に行ったとき、このフローターを持って行きました。
レンタルボートがない屈斜路湖では、フローター持ってると楽しいという話を聞いたので。でも、結局使いませんでした。
フローターで浮かんでると、ついでに家族の顔も浮かぶんですよね・・ 「パパ〜 危ないよ〜」って。

せめてH型(ポンツーンボート)ならボートっぽいからオトーサンも許されるかもね?
ちなみに、H型は膝から上が水面に出るので、随分楽だし、推進力も段違いに良くなります。(ただし持ち運びは辛くなります)


そんなわけで、これも持ち腐れ続行です。


posted by えふ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | もちぐされ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

持ち腐れ自慢 その1 ボート免許


宝の持ち腐れと言いますが、最近の僕の持ち腐れNo.1はコレです。

取ったときは4級船舶と呼ばれていましたが、現在は2級船舶免許になっています。(何となく格上げされて得した気分?)
飲み会のときに、会社の連中に「ボート免許持ってんぞ〜 ホレホレ」と見せびらかすくらいしか役に立ってません(爆)

もともとは友人所有のボートや、エンジン・エレキ付きのレンタルボートを操船したくて取ったものですが、フライにはまってからボート釣行がほぼゼロになってしまいました。
湖で活躍しそうな気もしますが、手漕ぎボートだったら不要ですし。

クルマの免許と決定的に違うのは、免許持ってるからといって操縦技術があるわけではないということ。
例えば、実技講習で使うボートと、釣りで使う小さなボートの操船はまるで違いますし、淡水域と海では次元の違うスキルが必要となります。

また、バスフィッシングで使うフットコンエレキの操船はかなり慣れが必要で、最初はギクシャクして全く釣りになりません。
当たり前ですが、こんなの講習では教えてくれません・・


僕の免許だと伊豆大島まで行けるそうですが、たとえ○山雄三がクルーザー貸してくれると言ったとしても(あるわけないですが)、海に漕ぎ出す勇気はありません。

昔からの釣り仲間はルアーが多いので、桧原湖にでも行ったときに活躍させたいと思います。
ただし、桧原湖行っても、周辺の渓流に行ってしまいそう。
だから、当分持ち腐れそうです。

オマケ・・僕のボート免許取得記です。(かなり前に書いたものですが)
http://www007.upp.so-net.ne.jp/omlsite/various/boat1.html
http://www007.upp.so-net.ne.jp/omlsite/various/boat2.html

右舷落水〜 以上!


posted by えふ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | もちぐされ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする